Line攻略法

女性をLineで惚れさせる唯一の方法を伝授。モテるためのテクニックを解説

ゴン太
ゴン太
Lineで女を好きにさせたり、落とす方法を知っているか?今の時代ラインテクニックが冴えていると武器になるぞ。
ハム吉
ハム吉
こんにちは、ゴン太さん。んーあんまり意識したことないけど、早く返信するとか、毎日マメに連絡を取るとか?
ゴン太
ゴン太
全然違うぜ。しっかり学んでいけ!

今の時代、Lineがうまく使えるか下手かで、恋愛の勝率が大きく変わってきます。

Lineとメールの違いをしっかりと理解して、Lineを最大限に活用することで、モテ男になることができます。

Lineの使い方が下手だと、

  • 面倒くさい男
  • しつこい男
  • つまらない男

などいろんなマイナスな見方を女性にされてしまいます。

仲良くなる前のコミュニケーションはほとんどがLineの今日。

スタートダッシュを決められる男を目指すと良いですね!

この記事では本気でLineでのモテ方、相手に好印象を持ってもらう立ち振る舞いについて書いていきます。

情報は多いですが、一つ一つ理解をして、Lineで女性を惚れさせちゃいましょう!

Lineとメールの大きな違い

201772761115
まず大前提の知識として、Lineとメールを比較して理解した方が良いです。

その違いとしては、大きく分けて二つあります。

短文で次々と送れてしまう

メールをずっと使っていた20代後半以降の世代ならわかりますが、Lineはメールと異なり、短文でスラスラとかけて送れてしまいます。

そこで、その場のノリや返信頻度がLine特有なので慣れていかないといけません。

熟考して数行に送ることもなくなったので、とにかく分量と頻度の調節がメールよりも難しいです。

既読機能がある

言うまでもなく、Lineはメールと違い、相手がその文を見たと言うことを知らせる既読機能があります。

実は、この既読機能こそが、女性を惚れさせるテクニックの一番大きなものなんです。

既読無視と未読無視をうまく使い分けることがモテるには重要なので、後ほどここには触れます。

ではここからLineで惚れさせるテクニックを3点話していきます。

①Lineを女性とする目的を明確にする

まず1つ目はマインドです。

これを意識するだけでも相手へ無駄なLineを送ることがなくなり、自然なやり取りができるようになります。

まずは、なぜその女性とLineをしているのかを明らかにしておきましょう。

Lineを気になっている女性、落としたい女性とやる目的はなんですか?

相手と楽しい会話をすること?

自分が女性とLineをして楽しむこと?

違いますよね?

あくまで目的は、Lineのやり取りを通じて女性に自分に惚れてもらう、好印象を持ってもらうことなはず。

自分が楽しむためにするのではないことをまず意識しましょう。

まずはマインドセットを意識することが重要。

一番ダメなのが、「相手が好きすぎたから、本能に任せて自分よがりに連絡する」こと。

女性はひいてしまい、嫌われてしまうので、ここだけは絶対押さえておきましょう。

②Lineの頻度・分量を相手に合わせる

2点目は、相手との温度差を何よりも意識することです。

Lineで女性を惚れさせるには、相手との間合いが重要です。

独りよがりな自分が楽しむだけのLineでは女性はひいて既読無視をされてしまいます。

ハム吉
ハム吉
ハム美ちゃんは焼肉が好きなんだね、特に何が好きかな?

〜1時間後〜

ハム美
ハム美
んー私はカルビかな?

〜5分後〜

ハム吉
ハム吉
あーカルビか!王道だよね!僕はロースが好きなんだ。ロースが赤身と脂身のバランスが絶妙だし、一番美味しんだよね。

〜2分後〜

ハム美
ハム美
そ、そっかー!(なんか長いししつこくない?)

Lineの返信頻度と分量は必ず相手に合わせてください。

相手が3行なら、こちらは2〜3行。

相手が2時間で返してくるなら、2〜3時間は待って返してください。

もちろん、1分以内の勢いのあるLineのキャッチボールが行われているときは、合わせてすぐ返した方が相手の印象はいいのです。

あまりにもすぐに返したり、相手が短いのに長文で返したりしてしまうと、

  • 「この男、なんだか私の返信を心待ちにしているみたい」
  • 「なんか無駄に長いし、楽しくないなあ」
  • 「なんか、この男ってモテない、かまってちゃんなのかな?」

と思われてしまい、返信がかえってこない、格下に見られてしまう可能性があります。

③相手の返信で終わらせることを意識する

いつも自分のLineで相手が読んで終わりになっていませんか?

これも女性とのパワーバランスで上に立ち、惚れさせる重要な要素です。

ハム美
ハム美
よし、そろそろ私は寝るね。また明日!

例えば、このLineに対する正しい返信は何か?

これは、意外かもしれませんが、既読無視して会話を終わらせるのが正解です。

ハム吉
ハム吉
今日も楽しかったよ。僕も寝るね!おやすみなさい

こんな感じで自分が返して相手が既読をつけて会話が終了していませんか?

たまにはいいのですが、向こうの返信で会話を自分が終わらせるというのが大事なテクニックです。

これを徹底すると、相手の女性が自分を追うという構図が自ずと出来上がるので、自分が追われる立場になれます。

逆に、相手が既読をつけて会話が毎回終わっていると、自分が追っている構図が出来上がってしまうので、相手が無意識にその男を下に見ます。

④意図的にLineのやり取りを切る

Lineが盛り上がってくると1・2分の感覚でやり取りが行われることってよくありますよね?

ハム吉
ハム吉
今の芸人のネタ面白すぎ(笑)笑いすぎてやばい!
ハム美
ハム美
だよね(笑)私もこの芸人大好きでいつも見てるんだよね!あ、次始まるよ。楽しみだなー!
ハム吉
ハム吉
あ、そろそろ明日仕事で早いから寝ないと!またね。
ハム美
ハム美
あ、仕事頑張ってね!おやすみ・・・(もっと話したかったなぁ)

会話が一番盛り上がっている時に、自分からLineのやり取りを終わらせるのは、モテ男の必須テクニックです。

一見こんなことすると女性から「嫌われるんじゃないか?」と不安なりますが逆です・・・

相手の女性は楽しくて仕方なかった、もっと話したかった。

そんな状況の中、男性主導でLineが終わったのですから、自分が相手の男性を求めている構図が出来上がっています。

なので、「もっと話したい」「この人に興味がある」「話し足りない」とあなたを求めてきます。

逆に非モテがLineをすると、いつまでも盛り上がって相手のテンション以上で返信してしまうので、相手が飽きてしまい、相手主導でLineが終わってしまいます。

これも先ほどと同様、追われる立場になる、パワーバランスで上に立つ必須テクニックなので必ずマスターしてください。

⑤わざと既読無視・未読無視をする

女性にすぐ返信するのではなくて、しっかりと間合いを取りましょうと先ほど書きましたが、今回はそれの応用テクニック。

相手の返信を数時間・数十時間・数日無視するテクニックです。

ここまでくれば、Lineで主導権を握り、惚れさせることもできるようになります。

ハム美
ハム美
早々次は何時に待ち合わせする?

〜8時間後〜

ハム美
ハム美
(いつも返信早いのに、今日は遅いなあ)

〜1日後〜

ハム美
ハム美
(やっと返ってきた・・・すっごく心配しちゃった)

ポイントはたまにすることです。

毎回返信を送らせると、緩急がつかないし、相手も興味を失ってしまいます。

たまに未読無視・既読無視の時間を作り出すことで、相手の女性があなたを考える時間が増え、あなたをより追い求めてしまいます。

結論:Lineをうまく使って、追われる男になろう

Lineで女性に圧倒的に惚れさせるにはかなりの経験とテクニックが必要です。

上で挙げた、

  1. Lineを女性とする目的を明確にする
  2. Lineの頻度・分量を相手に合わせる
  3. 相手の返信で終わらせることを意識する
  4. 意図的にLineのやり取りを切る
  5. わざと既読無視・未読無視をする

は、Lineで女性とのパワーバランスで上に立つための必須スキルです。

ゴン太
ゴン太
本気で依存させるレベルで女性を惚れさせたい、狙っているのが競争率の高いかなりの美女の場合、LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~で完璧までに極めることを勧めとくぜ。

基本は本記事の内容を意識してLineをするだけで景色は大きく変わります。

ただ、完膚なきまでに惚れさせたい、依存させたい、可愛い女性と付き合いたい場合はこれだけでは不十分です。

私は、これを読んでLINEで美女から好印象を得て、美女と付き合うことに成功しました。

競争率の高い女性を狙う場合は、とことん極めないと他の男を出し抜けないため、武器を増やしましょう。

<この商材の向いている方>

  • とにかくLineで他の男との違いを見せつけたい方
  • 狙っている、惚れさせたい女性が美女、または美女と付き合いたい方
  • モテるために努力をすることができる方
  • 本気でモテたい、女性に囲まれたいと強く思っている方

<この商材に不向きな方>

  • モテるために努力をする気がない方
  • より良い女性を付き合いたい、惚れさせたいと強く思っていない方

もしあなたが本気であれば、一度チェックしてみてくださいね。

【重要】モテるためにはマッチングアプリを使って出会いを爆速化させよ!

img032
モテるためには、まずモテ男考え方や知識を身につけるのは非常に重要ですが、それだけではモテません。

女性と関わった数、触れ合った数を増やしていかなければ、実際に女性を惚れさせるスキルは身につきません。

[恋愛偏差値=出会いの数×恋愛スキル]です。

どれほど知識があっても出会いの数が0なら恋愛偏差値は増えません。

ほとんど出会いがないと嘆いている人はマッチングアプリで出会いを量産しましょう。

私がメインで使っているサイトは最大手のPairs(ペアーズ)です。

pairs2

マッチングアプリの人気火付け役であり、女性の利用人数が圧倒的にトップのサイトです。

マッチングアプリの特徴は、自分好みのルックスの女性にだけアプローチができるということです。

清楚系の女子大生から今風なアパレル系の美女まで、とにかく幅広い女性と出会うことができます。

登録者数も一番多いため、10代〜50代まで幅広くいるのがPairs(ペアーズ)の強みです。

登録自体(女性とマッチングするまで)は無料のため、まずは登録をして、マッチングアプリで好きなタイプの女性をリスト化してください。

それだけでモチベーションが上がりますし、好みの女性相手だと頑張る気が依然として湧いてきます。

私も彼女なしの状態からPairsで試行錯誤の後、自分好みのスレンダー体型の彼女を作りましたし、今もその子と同棲をしています。

今の彼女で落ち着くまでは、マッチングアプリで計7名の女性と付き合って本当に自分が愛せる女性かどうか見極めました。

女性とイチャつきながら、過ごす週末は最高ですし、経験した人にしかわからない境地があります。

現状モテていなくても関係ありません。

そもそも現状モテていないというのは、失敗を恐れて何も行動をしていないだけなのです。

年だけ重ねて恋愛スキルが上がらずに、焦って好みでない妥協した女性と付き合うなんて最悪ですよね。

Pairsにいる女性は、「さみしい」「彼氏が欲しい」「男性とイチャイチャしたい」というふうに貪欲に男性を求めているから登録しているのです。でなければ登録なんてしません。

マッチングアプリの一番のメリットは、あとぐされなく女性経験を積むことができ、真剣に付き合える理想の彼女を見つけられること。

それぞれに強みがある様々なマッチングアプリがあるので、興味があれば以下のページを読んで自分にあったサイトを見つけてください。

・本当に会える恋活マッチングアプリ比較ページ

とりあえずどのサイトから始めるか、決め手に欠けるという方は、誰にでもぴったりマッチする汎用性の高いPairs(ペアーズ)から始めると間違いがありません。

Pairs(ペアーズ)の公式サイトはこちら