Line攻略法

女友達とLineがダラダラ続くのって脈あり?脈なし?脈なしを脈ありに変えるには?

「女友達とLineがダラダラ続いているんだけどこれって好意がある証拠?」

「好きな人とだらだら続くLine・・・女性心理を知りたい」

「Lineで女性を落とすにはどうしたらいいのか?」

など、Lineで悩んでしまうことはよくあります。

女性といつまでもラインが続いていると、

ハム吉
ハム吉
あの子は脈ありなのか?

と思ってしまいますよね。

脈ありか脈なしか?を考えつつ、脈なしを脈ありにかえるLineテクニックをお話ししていきます。

Lineがダラダラ続く意味とは?

今の時代メールやLineをうまく使えないと、好きな女は落とせないし、それどころか女性に嫌われてしまいます。

まず結論から言うと、Lineがダラダラ続く場合、脈あり・脈なしのどちらの可能性もあります。

どんな内容でLineが続いているか次第なので、Lineが続いていると言うだけでは判断できません。

脈アリかどうかは、現段階で相手の好意がどれくらいかをまず知る必要があります。

以下の記事で説明しているので、確認してください。

一発で脈ありか脈なしかわかるような内容になっています。

ただ、はっきりと言えるのは、ダラダラとLineが続くのは、相手が自分を好いていても、好いていなくても良いことではありません。

モテる男はいつまでもLineを引っ張らないし、続いているLineをさっと切ります。

Lineがダラダラと続いている時に、ささっと終わらせてモテる方法を考えましょう。

Lineの主導権を握ることができると、一気に関係性を高めて脈ありにすることができます。

ダラダラと続くLineを終わらせる方法

基本的に女性はしつこい男や、過度に追いかけてくる男が嫌いです。

なぜなら、女性はしつこい男を価値が低い男とみなすからです。

いつまでも、話しかけてくる男って普通に考えて格好悪いですよね?

だから、モテたい、その女性を落としたい場合は必ず自分から終わらせることが大事です。

ポイントは、あえてLineが一番盛り上がっているところで、Lineを終わらせることを匂わせる言葉を送ること。

これを続けていると女性から好かれますし、価値の高い男を演出できます。

モテるための基本テクニックなので必ずマスターしましょう。

わかりやすい例を挙げますと、

ハム吉
ハム吉
そうだよね、今日のドラマ面白かったね。
ハム美
ハム美
主人公があそこでああなるとは思わなかったよ(笑)来週がすっごく楽しみだね。

とありふれた会話で盛り上がっているとして、Lineをダラダラと続けてしまう男は、

ハム吉
ハム吉
他にも、ストーリーがさ、意外すぎて面白かったよね

と相手の女性が盛り上がっていることをいいことに話題をさらに振ってどんどんと会話を足していきます。

これだと、ダラダラと続いてしまうので、相手が盛り上がって楽しんでもらっているところで、

ハム吉
ハム吉
来週もまたみようね、ドラマ。よし、明日朝早いからそろそろ寝るね。

と言って、一番盛り上がっているとことで切りましょう。

いつもLineをダラダラと長引かせてしまう人はこれをすると、「女性から嫌われるんじゃないか」と思うかもしれませんが、気にしなくて大丈夫です。

むしろ盛り上がっているところで切ることで、相手の女性を追わせます。

ハム美
ハム美
(もっと話したかったなあ・・・)

と思わせられれば勝ちです。

いつも、終わりなくLineを送ってしまったり、女性の返信に全て反応している人は、Lineで損をしているので、上のテクニックを使ってみてください。

次にLineのやり取りをした時の、食いつきはかなり上がっているはずですよ。

まとめ:Lineはダラダラ続けさせず、盛り上がっているところで切ろう

Lineは盛り上がっているところで切る勇気を持つことが何よりも重要。

ダラダラとLineがいつまでも続いてしまうのも、

  1. 自分が知らないうちにLineを長引かせてしまっている
  2. 女性がダラダラといつまでも話し込んでいる

というパターンがありますが、例え②だったとしても女性を落とすためには良いことではありません。

女性は追いたい生き物です。

いくらでも追ってくる男には「男らしさ」を感じないし、異性として意識することはありません。

脈ありか脈なしかということも、Lineを通じてわかりますが、その前にどうすればLineで好きな女性や、狙っている女友達を落とせるかということを最優先に考えましょう。

【重要】モテるためにはマッチングアプリを使って出会いを爆速化させよ!

img032
モテるためには、まずモテ男考え方や知識を身につけるのは非常に重要ですが、それだけではモテません。

女性と関わった数、触れ合った数を増やしていかなければ、実際に女性を惚れさせるスキルは身につきません。

[恋愛偏差値=出会いの数×恋愛スキル]です。

どれほど知識があっても出会いの数が0なら恋愛偏差値は増えません。

ほとんど出会いがないと嘆いている人はマッチングアプリで出会いを量産しましょう。

私がメインで使っているサイトは最大手のPairs(ペアーズ)です。

pairs2

マッチングアプリの人気火付け役であり、女性の利用人数が圧倒的にトップのサイトです。

マッチングアプリの特徴は、自分好みのルックスの女性にだけアプローチができるということです。

清楚系の女子大生から今風なアパレル系の美女まで、とにかく幅広い女性と出会うことができます。

登録者数も一番多いため、10代〜50代まで幅広くいるのがPairs(ペアーズ)の強みです。

登録自体(女性とマッチングするまで)は無料のため、まずは登録をして、マッチングアプリで好きなタイプの女性をリスト化してください。

それだけでモチベーションが上がりますし、好みの女性相手だと頑張る気が依然として湧いてきます。

私も彼女なしの状態からPairsで試行錯誤の後、自分好みのスレンダー体型の彼女を作りましたし、今もその子と同棲をしています。

今の彼女で落ち着くまでは、マッチングアプリで計7名の女性と付き合って本当に自分が愛せる女性かどうか見極めました。

女性とイチャつきながら、過ごす週末は最高ですし、経験した人にしかわからない境地があります。

現状モテていなくても関係ありません。

そもそも現状モテていないというのは、失敗を恐れて何も行動をしていないだけなのです。

年だけ重ねて恋愛スキルが上がらずに、焦って好みでない妥協した女性と付き合うなんて最悪ですよね。

Pairsにいる女性は、「さみしい」「彼氏が欲しい」「男性とイチャイチャしたい」というふうに貪欲に男性を求めているから登録しているのです。でなければ登録なんてしません。

マッチングアプリの一番のメリットは、あとぐされなく女性経験を積むことができ、真剣に付き合える理想の彼女を見つけられること。

それぞれに強みがある様々なマッチングアプリがあるので、興味があれば以下のページを読んで自分にあったサイトを見つけてください。

・本当に会える恋活マッチングアプリ比較ページ

とりあえずどのサイトから始めるか、決め手に欠けるという方は、誰にでもぴったりマッチする汎用性の高いPairs(ペアーズ)から始めると間違いがありません。

Pairs(ペアーズ)の公式サイトはこちら