Line攻略法

女性とLineをする上で絶対にやってはいけない3つのこととは?

今の時代、Lineやメールはなくてはならない重要なものです。

Lineのコミュニケーションが下手だと、女性からこれでもかというほど嫌われます。

なぜなら、女性はLineを通じて男性の人間性を見ているからです。

逆にLineはうまく使えれば、それだけで女性を本能的に自分に惚れさせることができます。

その分使い方を失敗してしまうと、二度とその女性から返信が返ってくることはありません。

Line慣れしていない男性が、やってしまいがちな3つのミスをここでは紹介しながら、すぐに使えるLineのテクニックについてお話ししていきます。

①女性から返信が返ってきていないのに、追撃Lineをする

一番やってはいけないのは、女性の気持ちを無視して独りよがりな思いを送ってしまうことです。

その筆頭が追撃Lineです。

Lineのやり取りは片方が送って、もう片方が送り返すというコミュニケーションです。

女性から返信が返ってこないからといって、

ハム吉
ハム吉
〇〇ちゃん、返信待ってるよ。見たら絶対に送ってね。

なんて送ってはいけません。

女性は理由があって返信することができない状況なのです。

それを独りよがりな恋心で無理やりこじ開けようとすると、嫌われてしまって、二度と返信は来なくなります。

以下の記事に詳しいので、やってしまったことがある人は確認してみてください。

②大切なことをLineやメールで伝えてしまう

モテない男性は、Lineで全て済ませてしまおうとします。

特に現代の多くの男性はその傾向が特に強いようです。

特に、告白や想いを伝える時はは必ず対面でやりましょう。

メールやLineで告白をしていると、

ハム美
ハム美
(え?このLineが告白なの?なんて浅い男なんだろう・・・)

と一瞬で女性が冷めてしまいます。

告白や相手へ熱い思いを伝える場合は、必ず面と向かって言うようにしましょう。

③すぐにLineの返信をしたり、長文を送りつける

意外に勘違いされているのが、女性に好かれるには「すぐに返信をしよう」とか「丁寧に誠実に長い文を送ろう」という間違いです。

女性からきたLineを、時間を空けずにすぐに返す男を女性はどんな印象を持つと思いますか?

答えは、「価値の低い格下の男」です。

最低限、次のことは守るようにしましょう。

  • Line・メールを返す時間の間隔は、相手よりも少し長めにする
  • メール_Lineの分量は、相手より少し少なめにする
  • すぐに返したり、間隔をあけたりと緩急をつけてLineをする

Lineは女性とのパワーバランスを正しく作り上げ、女に自分を追わせる構図にすることがベストです。

まとめ:(好きな)女性とLineをする意味を考える

どうだったでしょうか?

基本的な3つのことを見てきましたが、もし当てはまっていたならばすぐに改善してみてくださいね。

やってはいけないことまとめ
  1. 相手の女性の返信を待たずして追撃Line・メールをする
  2. 告白や真面目な話をメールやLineのみで完結させる
  3. 女性のLine・メールの返信間隔や分量と同じより少なめで返す

究極的に言えば、(好きな・興味のある)女性とLineをする目的は、Lineを通じて女性を自分に惚れさせることです。

「女が追って男が追われる」というパワーバランスを作ることがLineの全てです。

どうすれば、女性が自分に惚れるのかという視点だけにたってLineをしましょう。

間違っても一時の感情だけで、動いてしまってはいけませんよ。

現状Lineが続かないとか、適当に返信されてしまうとか悩みがある方は、以下の教材で勉強しましょう。

本能的に依存レベルで女性を惚れさせることのできる、Lineテンプレートです。

私このもテンプレートを使っていますが、ここに載っていることをそのままコピーして送るだけで反応がガラッと変わります。

興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

【重要】モテるためにはマッチングアプリを使って出会いを爆速化させよ!

img032
モテるためには、まずモテ男考え方や知識を身につけるのは非常に重要ですが、それだけではモテません。

女性と関わった数、触れ合った数を増やしていかなければ、実際に女性を惚れさせるスキルは身につきません。

[恋愛偏差値=出会いの数×恋愛スキル]です。

どれほど知識があっても出会いの数が0なら恋愛偏差値は増えません。

ほとんど出会いがないと嘆いている人はマッチングアプリで出会いを量産しましょう。

私がメインで使っているサイトは最大手のPairs(ペアーズ)です。

pairs2

マッチングアプリの人気火付け役であり、女性の利用人数が圧倒的にトップのサイトです。

マッチングアプリの特徴は、自分好みのルックスの女性にだけアプローチができるということです。

清楚系の女子大生から今風なアパレル系の美女まで、とにかく幅広い女性と出会うことができます。

登録者数も一番多いため、10代〜50代まで幅広くいるのがPairs(ペアーズ)の強みです。

登録自体(女性とマッチングするまで)は無料のため、まずは登録をして、マッチングアプリで好きなタイプの女性をリスト化してください。

それだけでモチベーションが上がりますし、好みの女性相手だと頑張る気が依然として湧いてきます。

私も彼女なしの状態からPairsで試行錯誤の後、自分好みのスレンダー体型の彼女を作りましたし、今もその子と同棲をしています。

今の彼女で落ち着くまでは、マッチングアプリで計7名の女性と付き合って本当に自分が愛せる女性かどうか見極めました。

女性とイチャつきながら、過ごす週末は最高ですし、経験した人にしかわからない境地があります。

現状モテていなくても関係ありません。

そもそも現状モテていないというのは、失敗を恐れて何も行動をしていないだけなのです。

年だけ重ねて恋愛スキルが上がらずに、焦って好みでない妥協した女性と付き合うなんて最悪ですよね。

Pairsにいる女性は、「さみしい」「彼氏が欲しい」「男性とイチャイチャしたい」というふうに貪欲に男性を求めているから登録しているのです。でなければ登録なんてしません。

マッチングアプリの一番のメリットは、あとぐされなく女性経験を積むことができ、真剣に付き合える理想の彼女を見つけられること。

それぞれに強みがある様々なマッチングアプリがあるので、興味があれば以下のページを読んで自分にあったサイトを見つけてください。

・本当に会える恋活マッチングアプリ比較ページ

とりあえずどのサイトから始めるか、決め手に欠けるという方は、誰にでもぴったりマッチする汎用性の高いPairs(ペアーズ)から始めると間違いがありません。

Pairs(ペアーズ)の公式サイトはこちら