Line攻略法

体調を気遣うLine・メールばかり送っている男はモテない男の典型例?

「体調を気遣うラインばかり送ってしまっている」

「好きな女性の体調不良が心配で優しくしているのに振り向いてもらえない」

とことん優しく心配しているのに、モテない、好かれないことはよくありますよね?

これは「優しいだけの男」がやってしまう典型的な例で、どれだけやっていてもモテることはありません。

体調を気遣うLineを送っているのになぜモテないか、どうすれば振り向いてくれるかについてお話しします。

女性に優しいと思われていない

体調不良と知っている女性に、「〇〇さん、体調大丈夫?」って気遣っているわけだから、言っている方としては優しくしているはず。

ただ、女性がそれを「〇〇くんって優しいんだね」と思っていなければ意味がないわけです。

そしてほとんどの場合、男性側の意図に反して優しいと思われていないということが問題です。

女性はあなたの体調を気遣う「優しいはずのLineを「うざい」と感じている可能性があります。

女性は感情を揺さぶられることで好意を抱く

いじり上手なちょいワル男って、なぜかモテますよね?

彼らは女性の感情を揺さぶるのが上手いのです。

普段から優しい言葉ばかりかけていても感情は動きませんが、普段いじってくる男が急に優しくなる。

そのギャップに女性は惚れ込んでしまうのです。

気遣いのLineや言葉が「うざい」と思われてしまう

shakkin-lady-riyuu
優しい言葉やLineをを投げかけているのに、「うざい」と思われてしまう。

理不尽ですが、これが真実で響かない気遣いの言葉は逆にあなたの評価を大きく下げています。

なぜその女性に優しい気遣いのLineを送るのですか?

もちろん、「好きだから」ですよね。

その好意が女性にバレていることが原因です。

日頃からのあなたの優しい気遣いが「好きバレ」につながり、優しい気遣い=「私を口説こうとしている」にすり替わってしまいます。

ハム吉
ハム吉
ハム美ちゃん、体調大丈夫?ゆっくりしてね。また朝ラインします。
ハム美
ハム美
(いつも長いし、気遣いばっかりで下心が見え見えなんだよね…)
ハム美
ハム美
(とりあえず面倒くさいし、既読無視しとこ・・・)

こうなれば、気遣いLineを送れば送るほど、あなたは嫌われて「しつこい男」と思われてしまいます。

引き際の悪い、「しつこい男」はネガティブなイメージを抱かれるため本当にモテません。

日頃からいじって主導権を握ろう

lgf01a201404202300
Lineの技術がないだけに、非モテスパイラルに陥る男性は今日多くいます。

勘違いをして、

「優しい体調を気遣うLineを連発してしまう」

「相手の話をやたらと共感し続けて媚びてしまっている」

などなど。

とにかくモテない典型的な男性はLineが下手です。

女性が「この男の人、本当に優しい・・・」と心底惚れてしまうには、ずっと優しくしないこと。

普段はいじりまくっている

女性の感情を揺さぶる基盤ができている

体調が悪いと聞いたから、気遣いの優しいLineを送る

ギャップに惚れ、主導権を渡してしまう

このモテスパイラルを作り出すことで、体調不良を気遣う優しいLine・メールがよりいきてきます。

普段から優しい

言葉が女性に全く響いていない状況

何かあるたびに気遣いのLineを送る

好意に気付かれてしまい、「格下のしつこい男」としてみられる

とことん嫌われる

こんな非モテスパイラルの最中のLineは、女性に響くことは絶対にありません。

それどころかどんどんと女性が離れて敷くことは目に見えている・・・

今の時代、女性を惚れさせよう、モテよう、美女と付き合いたいならLineが下手では太刀打ちできません。

まずはモテない男が送るダメなLineをしっかり学んで自分がやっていないかチェックしましょう。

当サイトだと以下の記事が参考になるはずですし、より多くの方に読まれています。

「今好きな女性がいて、どうしても惚れさせたい、付き合いたい」

「美女・可愛い女性に言い寄られるようになりたい、付き合いたい」

と言うように、真剣であれば以下のLineテンプレートが最も参考になります。

私も普段使っていますが、シチュエーションごとに例文化・テンプレート化されているので、常に女性が自分を好きになってしまう正解のLineを送ることができます。

すでに例文化されているので、それをコピペするだけで女性が自分に好意を寄せてくれるという代物。

どうしても惚れさせたい女性がいる場合は、状況ごとのテンプレをコピペして送るだけで反応がガラッと変わるので試してみましょう。

【重要】モテるためにはマッチングアプリを使って出会いを爆速化させよ!

img032
モテるためには、まずモテ男考え方や知識を身につけるのは非常に重要ですが、それだけではモテません。

女性と関わった数、触れ合った数を増やしていかなければ、実際に女性を惚れさせるスキルは身につきません。

[恋愛偏差値=出会いの数×恋愛スキル]です。

どれほど知識があっても出会いの数が0なら恋愛偏差値は増えません。

ほとんど出会いがないと嘆いている人はマッチングアプリで出会いを量産しましょう。

私がメインで使っているサイトは最大手のPairs(ペアーズ)です。

pairs2

マッチングアプリの人気火付け役であり、女性の利用人数が圧倒的にトップのサイトです。

マッチングアプリの特徴は、自分好みのルックスの女性にだけアプローチができるということです。

清楚系の女子大生から今風なアパレル系の美女まで、とにかく幅広い女性と出会うことができます。

登録者数も一番多いため、10代〜50代まで幅広くいるのがPairs(ペアーズ)の強みです。

登録自体(女性とマッチングするまで)は無料のため、まずは登録をして、マッチングアプリで好きなタイプの女性をリスト化してください。

それだけでモチベーションが上がりますし、好みの女性相手だと頑張る気が依然として湧いてきます。

私も彼女なしの状態からPairsで試行錯誤の後、自分好みのスレンダー体型の彼女を作りましたし、今もその子と同棲をしています。

今の彼女で落ち着くまでは、マッチングアプリで計7名の女性と付き合って本当に自分が愛せる女性かどうか見極めました。

女性とイチャつきながら、過ごす週末は最高ですし、経験した人にしかわからない境地があります。

現状モテていなくても関係ありません。

そもそも現状モテていないというのは、失敗を恐れて何も行動をしていないだけなのです。

年だけ重ねて恋愛スキルが上がらずに、焦って好みでない妥協した女性と付き合うなんて最悪ですよね。

Pairsにいる女性は、「さみしい」「彼氏が欲しい」「男性とイチャイチャしたい」というふうに貪欲に男性を求めているから登録しているのです。でなければ登録なんてしません。

マッチングアプリの一番のメリットは、あとぐされなく女性経験を積むことができ、真剣に付き合える理想の彼女を見つけられること。

それぞれに強みがある様々なマッチングアプリがあるので、興味があれば以下のページを読んで自分にあったサイトを見つけてください。

・本当に会える恋活マッチングアプリ比較ページ

とりあえずどのサイトから始めるか、決め手に欠けるという方は、誰にでもぴったりマッチする汎用性の高いPairs(ペアーズ)から始めると間違いがありません。

Pairs(ペアーズ)の公式サイトはこちら